深紅の物語・III

深紅の物語・III

販売価格: 15,000円(税込)

作品数1点
リングサイズ:
数量:

商品詳細

深い赤色に黄金の縁取り
その美しさは古今東西様々な場所で愛されてきたそんな色だと思うんです。
深くて落ち着きのある赤色に美しい金の輝き
華やかさと、落ち着きの両立にって生まれるイメージによって
社交界のボールルームをイメージすることができます。
舞踏会に深紅のドレスを着た美しい女性が一人
黄金の輝きをまとい美しく舞う
新たな深紅の物語が始まります・・・

今回の作品は美しい深紅の色に肌なじみの良い10金をあわせたオーソドックスなスタイルのリングです。オーソドックスだけど一つ一つに個性があり特別をもつ楽しみを味わせます。

サイズ直しは3〜15号までは無料、それ以上のサイズの場合は追加料金をいただきます。下記作品詳細に詳しく書いてありますのでご参考ください。


〜天然石解説〜

『ガーネット』
古代ヨーロッパなどでは赤い石(そのほかの色も存在します)であるガーネットは血の象徴とされ、戦場に赴く戦士たちはケガから身を護り生きて帰るためにお守りとして持っていくことがあったそうです。そのような故事があるように、この石は血や生命力と深く関わる、生を象徴する石で生きることに関する前向きな気持ちを持たせる石としても大きな力を持つといわれています。1月の誕生石とも言われております。

〜作品詳細〜
*金属・・・K10GOLD(10金)
*天然石・・・ガーネット カボションラウンドカット 4mm
*幅は約1mmになります
*厚さは約0.8mmとなります
*サイズは3号〜15号でお作りいたします(これより大きなサイズの場合16〜20号までなら追加料金1000円でお作りいたします、お気軽にご連絡いただければと思っております。)
*指輪には一つ一つ手打ちで槌目が入っております。

『K10 ゴールド』
日本では10金といわれている素材です。金とほかの金属の合金で比率は金が約42%でその他58%が銀や銅などの他の金属となっております(18金は金が75%その他金属が25%です)。日本で有名なのは18金ですが18金に比べて色味的に白っぽい金というのが特徴で、日本人の肌の色には非常に馴染みやすくてカジュアルに身に着けられるのが特徴です。近年の金相場の高さによって、18金に代わるゴールドアクセサリーの素材として日本では流行っており、カジュアルに身に着けられるゴールドとしての地位を確立しております。
18金などに比べてほかの金属の割合が多いため色にくすみなどが出やすいと言われておりますが、時折磨いたりしてあげるなどのケアを行っていただければそこまで神経質にならなくても大丈夫です。金属アレルギーなどに関しては一概にどうとは言えませんが、18金などに比べるとほかの金属の割合が多いためにもしかしたら敏感な方は起こしてしまうかもしれませんのでご注意ください。

注意事項

金属アレルギーなどに関しては自己責任となりますのでその点ご了承ください。

サイズの直しや磨き直しなども承っております。その際は必ずメッセージなどでご連絡いただいた後に送料をご注文者様負担でお願いいたします。

定形外郵便は通常のはがきなどの郵便と同じで追跡番号も保証もつきません
定型外郵便での発送で配達事故などが起こってしまった際の保証はございません。
もしもそのような事態が発生してしまったときは、作品価格の25%ほどの追加料金をいただければ一点物でない作品であれば制作を行い再発送いたします

ご注文を頂いてからお支払までの期間が3日以上でなおかつご連絡などをいただけない場合は取引を中止する旨をお伝えしたうえでお取引を中止いたしますのでご了承ください。

こちらの作品は他所でも販売しております、状況によっては在庫の変動があり販売不可能になる恐れもございますのでその点ご了承ください。










Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー