黄金の街の物語〜ラリマー〜

黄金の街の物語〜ラリマー〜

販売価格: 16,000円(税込)

作品数1点
リングサイズ:
数量:

商品詳細

黄金の街は海沿いではなく山に囲まれた場所にある
普段は海を感じることは難しいのだけれど
冬になる前に黄金の街から近い山に登ってその頂上からは
なんと海が見えるのです。
そこから眺める海はただただ静かで雄大で
そんな自然に囲まれた黄金の街はやっぱり本当に神秘的な街
山に囲まれていながら海のそばにある
近くの港町でとれた魚介類が街の中心にて開かれる市にて定期的に売られている
物理的に裕福だから『黄金の街』ではないのです。
その街の営み、人々の暮らし、文化
それらが黄金色に輝くようにみえるから
そう呼ばれているのです・・・

物語を作っていてとっても楽しいシリーズの新作はラリマーと10金を合わせたリングとなりました。海のような優しい雰囲気を持つラリマーと優しく寄り添ってくれるような10金の輝き、その両方をじっくりと楽しんでもらえたらと思っております。

*こちらの作品は受注生産作品になりますのでご注文の際は必ず指のサイズ等をメッセージに記載の上ご注文ください。
3〜20号(0.5号単位)3号より小さいサイズでの制作も可能ですのでご希望の方は事前にメッセージ等連絡をいただければと思っております。

〜作品詳細〜
*金属・・・K10GOLD(10金)
*天然石・・・ラリマー カボションラウンドカット 約4mm
*幅は約1mmになります
*厚さは約0.8mmとなります
*サイズは3~20号で調整を行います。(0.5号単位でご注文可能です)
*リングには一つ一つ槌目が入っております

〜天然石解説〜

『ラリマー』
カリブの宝石とも称され、太陽の光の下で揺らめくカリブ海を結晶化したような美しさを持つ石で、近年ジュエリーとしての人気も非常に高まっている天然石です。1974年に発見された比較的新しい天然石ですが、世界三大ヒーリングストーンの一つとも言われ、優しく平和的なエネルギーを持ち、利害関係などを抜きにした思いやりに満ちたコミュニケーションを実現するエネルギーを持っています。人種や環境を超えた理解を深めるのに役に立ったり、肩の力を抜いた自然なコミュニケーションをとれるようにするという効果もあるようです。

『K10 ゴールド』
日本では10金といわれている素材です。金とほかの金属の合金で比率は金が約42%でその他58%が銀や銅などの他の金属となっております(18金は金が75%その他金属が25%です)。日本で有名なのは18金ですが18金に比べて色味的に白っぽい金というのが特徴で、日本人の肌の色には非常に馴染みやすくてカジュアルに身に着けられるのが特徴です。近年の金相場の高さによって、18金に代わるゴールドアクセサリーの素材として日本では流行っており、カジュアルに身に着けられるゴールドとしての地位を確立しております。
18金などに比べてほかの金属の割合が多いため色にくすみなどが出やすいと言われておりますが、時折磨いたりしてあげるなどのケアを行っていただければそこまで神経質にならなくても大丈夫です。金属アレルギーなどに関しては一概にどうとは言えませんが、18金などに比べるとほかの金属の割合が多いためにもしかしたら敏感な方は起こしてしまうかもしれませんのでご注意ください。













注意事項

金属アレルギーなどに関しては自己責任となりますのでその点ご了承ください。

サイズの直しや磨き直しなども承っております。その際は必ずメッセージなどでご連絡いただいた後に送料をご注文者様負担でお願いいたします。

定形外郵便は通常のはがきなどの郵便と同じで追跡番号も保証もつきません
定型外郵便での発送で配達事故などが起こってしまった際の保証はございません。
もしもそのような事態が発生してしまったときは、作品価格の25%ほどの追加料金をいただければ一点物でない作品であれば制作を行い再発送いたします

ご注文を頂いてからお支払までの期間が3日以上でなおかつご連絡などをいただけない場合は取引を中止する旨をお伝えしたうえでお取引を中止いたしますのでご了承ください。

こちらの作品は他所でも販売しております、状況によっては在庫の変動があり販売不可能になる恐れもございますのでその点ご了承ください。

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー